スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSO2】1万円台タブレットCPU(Atom Z3735F)でPSO2は動くのか

今回はちょっとした実験についてお話です。
『Windows8 with being』の登場やタブレット需要の増加により、そこそこの性能のWindowsタブレットが2万円以下で購入できる時代となりました。

そこでよく聞く疑問について記事を書きたいと思います。
1万円台タブレットPCでPSO2は動かせるのだろうか…?

先に結論を言ってしまうと、
大体のタブレットPCで動かすことは可能です。

ただしゲームや動画以外の目的が無いのであれば、そのお金でPSVitaを買ったほうが良いのは明確だと思います。

今回実験するのは今主流のタブレットCPUである『Atom(TM)CPU Z3735F
こいつをPSO2ベンチマークにかけてみることに。

【ベンチマークの条件】
・フルスクリーンモード
・描画1
・最低解像度(640*480)

この条件では、ムービーのロードも快適でトンネルもそこまで長くはありませんでした。
ただしPSVita以下の解像度ですし、そこまでしてやる意味はあるのか疑問ではあります。

<結果>
pso20150718_011258_000.jpg
640*480の解像度をフルHDディスプレイに出力して実験を行いましたが、解像度の差が原因で全体的にぼやけてしまいます。
しかしながらスコアの方は5000点を上回るなかなかの結果に。
ソロでの活動やマイショップ確認程度ならこの手のCPUでも良いのかもしれません。
平均FPS : 約70
最高FPS : 120


<結果2>
次の結果は、全く同じ条件でもう一度ベンチマークを行った結果です。
スコアが落ちています。
なぜでしょうか?
pso20150718_005455_000.jpg
途中まではFPSが60~100程度を維持していましたが、途中からFPSが20前後に…。
どうやら排熱が間に合わず、低電力モードに移行したことが原因のようです。

-------------

【ベンチマーク条件2】
・フルスクリーンモード
・描画5
・フルHD解像度(1920*1080)

逆に最高設定で動かそうとするとどうなるのでしょうか?
保冷剤を当てて熱を抑えることでCPUの負担を減らしながら実験。
上記の条件では、そもそもの起動が遅く、マウスカーソルの動きも非常にスローモーです。

pso20150718_010251_001.jpg
流石はフルHD画質!
かなり画像は綺麗ですね!!

pso20150718_010336_007.jpg
しかし画面左下に注目していただきたい。
なんとFPSが10以下しか出ません。
当然ですがゲームにはなりませんね。

ベンチマーク結果も100点未満でした。

------------------

【まとめ】

さてさて、今回のお話をまとめてみましょう。
結論としては『Atom(TM)CPU Z3735F』でPSO2を動かすことは可能であると言っても過言ではないでしょう。
ただしPSVita以下の画質となる最低解像度設定であることが条件となります。
また、排熱の問題もあるため、単純にゲームや動画を見たいならばPSVitaを買ったほうが良いのではないかと思います。
(今回実験を行ったマシンでは5分程度で省電力モードになってしまった。)
その他にも、マシンに高負荷をかけることは寿命を縮める原因にもなるでしょう。
そのため、タブレットPCで動かすことは自己責任でお願いします。

------------

さてさてさてさて、
今回実験対象となったAtom(TM)CPU Z3735Fですが、本当に1万円台で買えるのでしょうか?

中古ショップを見てみると2万円以下の価格のものはたくさんありますね。
【中古】(クリックで移動)

その中でもドスパラが発表した『Diginnos DG-D08IW』は新品価格で2万円を切る勢いです。
【Diginnos DG-D08IW】(クリックで移動)

同型のCPUでは、マウスコンピューターが発表したスティック型PCでも条件を満たしますね。
【スティック型PC】(クリックで移動)

今回の実験は、実際にPSO2をプレイできる保障をするものではありません。
環境によりベンチマークの結果も変わってくると思われますし、そもそもタブレットPCで重いゲームをすることは推奨されません。
あくまで参考程度でお願いしますよ(`・ω・´)

※なんかあってものなめさんは責任はとりません。

ということでレポートでした!

【次回】
格安でPSO2の描画5で動くPCを実現するには?
について書きたいと思います。
【おまけ】
RadeonHD6250を内蔵するAPU『AMD Z60 APU』を実装しているタブレットPC『LP-WN1100』でもためしに動かすことに。(1年以上前に中古価格2万円でした。)

GPU統合型なので期待してみたのですが、所詮はタブレットPCと言ったところでしょうか。
描画1の最低解像度でやっと動作する感じです。(ちなみに最初のムービーのロードが2分近くかかる、トンネルの長さが長いなどCPUの貧弱さが目立ちます)

まぁ、描画2くらいまでなら過疎ブロックで動かせなくはないですがフィールドに下りるのは無謀でしょうね・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。