スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキいじり

 結構大会出てなかった所為もあって、プレイングが弱かったからそこ見直し。
今度の日曜日までにいろいろ考え直さないとね…。

 そこで、長らく弄っていなかった【スタンダード】を改良してたわけですが、昆虫軸の【フィフティフィフティ】に落ち着きそうです。 環境トップに刺さるのかは試してみないとわからない。
 昆虫軸である理由は、"大樹海"、"共鳴虫"、"ゴキポン"、"ダニポン"による手札増強と墓地肥やし。実質ノーコストの除去である"ライヤー・ワイヤー"の採用。そのほか手札コストの重い"天罰"などのコストを補うため。
 デッキの内容には除去カードが大半です。"黄金の天道虫"が簡単にサーチできるため、ライフコスト系のカウンター罠も使いやすいと思ったため。

 あくまでもこれは理論上のもので、実際はBFの"ゴッドバードアタック"や、比較的採用率の多い"大寒波"、"ハリケーン"などであっさり対処されてしまうのが現実です。前者に対してはスタロで済むかもしれないけど、ヒュペリオン、ダムド、そして後者の魔法には対処できません。

 昆虫軸の【フィフティフィフティ】ならばB地区からの"マザースパイダー"という手も考えられますが、優秀なデスラクーダなどのドローソースを抜かなくてはならない。 相手のプレイングしだいでマザースパイダーが腐るなど損失のほうが大きいためこれは無理でした。


 なんとかして今期のガチ環境に一泡吹かせてやりたいけど…(汗

思い浮かばなければそのまま【シーラカンス】で参加しよう;

あ、ポケモンでメジャーポケ使わなかったり、遊戯王で環境トップのデッキで大会に出ないのは、「少数派の俺カッコイイ☆」だからです。
スポンサーサイト

コメント

フリーのマッチ戦では基本的にネフユベルばっかり使ってますw←
なかなか勝てませんwww

  • 2011/01/28 (Fri) 23:44
  • OZISAN #JalddpaA
  • URL

>>OZISAN
ネフはシンクロが実装されてから難しくなりましたよね…。
でも自分はシルミルで導き手+特殊召喚系で出せるので強いと思いますw

あ、でも2~3ヶ月くらい前にネフユベルを大会で使ってる人を見ましたよ! 結果は知りません(汗

  • 2011/01/30 (Sun) 03:03
  • Noname #-
  • URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。