スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゆとり世代】

 【ゆとり世代対応講義】(名称を若干変更してます。)
 この講義って…軽くゆとり世代相手に差別してる気が…? 今年の5月位から、「いよいよゆとり世代が社会進出」なるニュースや記事が沢山出てましたが…。 皆が皆、コミュニケーションに乏しいわけでも自分で考えることが出来ないわけでもないでしょうに。 新人類の方々だって何をしたらいいか分からないってことある人も居るでしょう。

 上記の講義では「ゆとり世代はデジタル時代。人との対面関係が無い」「ゆとりはコミュニケーションに乏しい」「自律できないゆとり世代」「ゆとり世代は想像が出来ない」「言われてから動く」「意欲の無いゆとり」などの複数のタイトルテーマにて実施されるそうです。

 これは社会的に「ゆとり世代に対する」印象が位置づけられているのが原因ですね。 人間は自然と集団行動を求めるものですし。 「ゆとり世代は○○」というマイナス面の印象が世間で騒がれた結果がコレなんでしょう。

 正直気分が悪いです(汗) "ゆとり世代"という名の下で一纏めにされても困りますわ…。 確かに現実として前世代から見ると今の時代は便利で平和ですからね。

 よく例に挙げられるのが「鉛筆も自分で削ったことが無いような世代が…」って言い分ですね。正直コレは何が言いたいんでしょうか…? あえて言うならば「自分はコレだけ苦労する時代を生き抜いた」とでも言いたいんでしょうかね?

 恐らく自分達ゆとり世代の生まれる前、いわゆる"新人類"世代の方々もその名称が流行ったときに同じ気分を味わったのでしょう。 なんせ"戦後生まれ"ですから。

 きっとデジタル社会に生まれた自分達は、次の"より便利な世代"が現れたとき、その人たちに鉛筆の例のようなことを挙げるんだろうと思います。

 時代がよくなるにつれて、常に自分の生きた世界が辛いと感じるんですかね…(汗)
次の世代の環境が今よりもよりよくなる保証は無いですが…。


 少なくともゆとり世代は他の世代と比べて平和でかつ便利な時代だったことは明らかです。言い換えるならば日本が平和だってことですかね。
 と、自分なりの考えを述べてみた。 この文章を他の方が読んだら「ゆとり乙www」で片付けられますね。そんな今の時代が怖い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。